レーザー脱毛 痛み

1.銀座カラーのレーザー脱毛は痛い?

医療機関で使用されているレーザー脱毛では永久脱毛という効果が得られます。
この高い効果を得るためには、痛みに耐える必要があります。
効果が高い施術であればあるほど、痛みは強くなります。
一般的な脱毛サロンで使われている光脱毛は、医療レーザーほどの効果はないことから、個人差はありますがほとんど痛みを感じなかったという人が多いようです。
しかし、銀座カラーでは光脱毛にもかかわらず、痛みを感じたという人もいます。
医療レーザーほどの効果はありませんが、一般的な脱毛サロンと比較すると、よりレーザー脱毛に近い効果があると考えられます。

 

1-1.レーザー脱毛の痛みは体質や毛質によっても変わる

レーザー脱毛は高い効果が期待できるのですが、それと同時に強い痛みも生じます。
このレーザー脱毛の痛みはただ効果が高いから強い痛みを伴うというわけでもありません。
体質や毛質によっても変わってきます。
口コミなどを見ても、思っていたほど痛くなかったという人もいれば、耐えられないほどの痛みだったという人もいます。
人によって痛みの感じ方も様々で、痛みを感じやすいという人は、銀座カラーで受けられる光脱毛の方がいいかもしれません。
また、毛が濃いのか薄いのかによっても変わってきます。
レーザーや光脱毛では、黒色に反応し、そこにエネルギーが集められるため、どうしても毛の濃い人の場合には強い痛みを感じることになります。

 

1-2.しっかりとしたスキンケアをしてもらえるから安心

医療機関でのレーザー脱毛は強い痛みが生じるため、肌への影響が心配になってしまいますよね。
しかし、医療クリニックは、医療機関ならではのケアを受けることができます。
もし肌トラブルを起こしたとしても、その場で治療を受けることができます。
肌トラブルは早期治療により、治りも変わってくることから、医療機関での脱毛はこの点が大きなメリットです。
ただ、銀座カラーでも医療機関と提携をしているため、もし肌トラブルが起きたとしても、その提携している医療機関ですぐに治療を受けることも可能で、肌へのダメージを心配している人でも安心して脱毛をすることができます。

2.レーザー脱毛は部位によって痛みに差がある

レーザー脱毛では、体質や毛質によって痛みが変わってくると紹介しました。
しかし、その他にも痛みに差が出ることがあります。
それが部位です。
体毛は、部位によって毛の濃さが違います。
産毛しか生えていなような部位もあれば、脇毛のように濃い毛が生えている部位もあります。
レーザーや光は黒色に反応するため、当然、毛の濃い箇所ではエネルギーが集中することになり強い痛みを感じやすくなりますし、薄い毛が多い部分では痛みは感じにくいということです。
光脱毛ではそれほどの痛みとはならないケースがほとんどですが、レーザー脱毛となると、毛の濃さによって差は顕著にあらわれることになります。

 

2-1.vio脱毛の痛みに関する口コミ

vioをレーザー脱毛した人の声を見ると、表面麻酔をしてもらったけど痛い、出力レベルを最低にしても痛かった、iラインは麻酔なしだとものすごく痛いなどの声があり、多くの人が痛みを感じているようです。
vioは毛の濃い部分でもあり、それに加えて敏感であることも痛みを感じやすい原因になっていると考えられます。
また、この部位は施術前の自己処理がしにくい場所でもあります。
剃り残しなどがあると施術が受けられないこともありますし、強い痛みの原因ともなります。
vio脱毛をする時には、しっかりとした自己処理も重要です。

 

2-2.ひげ脱毛に関する痛みの口コミ

男性の方で、ひげ脱毛をした人の口コミを見ると、光脱毛でも痛かったという人もいて、これが医療レーザー脱毛となるとさらに強い痛みを感じることになります。
男性のひげは、濃い人になるととても濃いことからどの脱毛方法を利用したとしても、痛みは感じることになります。
しかし、医療機関では麻酔が使える点が大きなメリットです。
クリニックによっては笑気麻酔などを使い、ほとんど痛みを感じることなくレーザー脱毛をすることができます。
光とレーザーとを比べると、レーザーの方が強い痛みを感じることになるのですが、医療機関では麻酔が利用できるため、ひげのような濃い毛の脱毛は医療機関の方が向いているかもしれません。

 

2-3.脇脱毛に関する痛みの口コミ

夏になると薄着をすることから、脇は人に見られやすく、しっかりとケアしておきたい部位です。
しかし、脇毛も体の中では濃い部分でもあるため、どうしても痛みが気になってしまいますよね。
レーザー脱毛では、この脇も強い痛みを感じることになります。
レーザー脱毛をする時には無理をせず、麻酔を利用したり、出力を下げてもらうなど、医師に相談しながら施術を受けることが大切です。
銀座カラーで脇脱毛をした人の口コミを見ると、脇やvラインは輪ゴムではじかれるよりも強い痛みを感じたという人がいます。
痛みの少ない光脱毛ですが、やはりこの毛の濃い場所では多少の痛みは覚悟しておいた方がいいようです。

3.レーザー脱毛の痛み対策

強い痛みを感じることになるレーザー脱毛の場合には迷わず麻酔を使うことをおすすめします。
特に毛の濃い部分では痛みが強くなる傾向があるので、麻酔を使うのは必須です。
エステサロンでもクリニックでの施術であっても、複数回の施術は必要となります。
毎回強い痛みを感じていたのでは通うことをためらうようになってしまいます。
必要な回数をしっかりと施術を受け、理想とする状態にするためには、この痛み対策はとても重要なポイントとなります。
痛みによって途中で施術を投げ出さないためにも、麻酔クリームや笑気麻酔によって軽減できるのなら、麻酔を利用して施術を受けるようにしましょう。

 

3-1.自己処理が甘いと痛みの原因になる

脱毛の施術で痛みを感じるのは、光やレーザーの違いだけではありません。
施術前の自己処理によってもこの痛みを強く感じることがあります。
施術を受ける前には、自己処理をしてムダ毛を取り除いておく必要があります。
これは銀座カラーでも同じです。
この自己処理が甘いと痛みの原因となります。
光もレーザーもメラニン色素の黒色に反応します。
そのため、少しでも長い毛があれば、そこに光やレーザーが照射されるとエネルギーが集中し、場合によっては皮膚にダメージを受けてしまう可能性もあります。
そのため、自己処理が甘い場合にはエステサロンや美容クリニックでは施術をおこなわないというところもあります。

 

銀座カラー 痛み

 

3-2.丁寧な自己処理は痛みを軽減する対策になる

自己処理が甘いと施術が受けられない可能性もあり、丁寧なムダ毛処理が必要となります。
丁寧な自己処理は、施術を受けられるかどうかだけではなく、痛みを軽減させるためにも重要なポイントなのです。
自己処理は自分でする処理です。
自分でしたムダ毛処理で痛みを増やす原因とならないためにも、丁寧に自己処理をしていくことが大切です。
しかし、背中やoラインなどは、どうしても剃り残しが生じやすい場所です。
銀座カラーでは、このような部位は自分でシェーバーを持ち込めば、スタッフが処理をしてくれます。
サロンやクリニック選びでは、シェービングサービスもしっかりと確認することが大切です。